【コラム】50歳前後から気になるデリケートゾーンの臭い対策

更年期になるとデリケートゾーンの臭いが気になることがあります。日常生活での不快感や、周囲の人々に気付かれていないか不安になることも。今回は、更年期のデリケートゾーンの臭いに効果的なケア方法とアイテムをご紹介します。とくに気温が高いムレやすい季節は、ぜひ参考にしてみてください。
 

陰部の臭いの原因

40〜50代になると、更年期の影響でエストロゲンが減少します。この女性ホルモンはデリケートゾーンのうるおいを保つ役割があり、減少すると乾燥や自浄作用の低下が起こります。これにより、細菌の繁殖や炎症が起きやすくなります。また、エストロゲンの減少は善玉菌をサポートするグリコーゲンの供給も減らすため、腟内環境が悪化し、かゆみやにおいなどの不快な症状が現れることがあります。
もっと知りたい→ デリケートゾーンの乾燥・エストロゲンとうるおいの関係
 

デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンのにおい対策は、洗浄、保湿、通気性の3つを心がけることが大切です。

洗浄

臭い対策の基本は洗浄です。デリケートゾーンの肌はとてもセンシティブなので、やさしく、ていねいに、ぬるめの湯で洗います。シャワーを使う場合は水圧を弱めにして、弱酸性ソープを使うことをおすすめします。これにより、本来肌が持つ水分やバリア機能を保ちながら清潔にすることができます。
もっと知りたい→50代からのデリケートゾーンの洗い方とケア方法

抗酸化作用や抗菌、消臭作用に優れた沖縄産月桃が配合された
フェムゾーンケアソープ/洗浄フォーム

保湿

乾燥が原因で起きていることが多いため、洗浄後はしっかりと保湿することを忘れずに。保湿することで、肌表面のバリア機能を維持し、かゆみや炎症を予防できます。

ヒアルロン酸Na+アロエベラジェルの2大保湿成分の相乗効果でしっとり保湿
ユアサイドデリケートモイストジェル

通気性

湿度が高くなると臭いの元となる菌が繁殖しやすくなるため、ムレない通気性の良い環境づくりが大切です。下着は、通気性が良く肌触りがいい素材であるコットンやシルク、締め付けない風通しの良いデザインのものがおすすめです。
もっと知りたい→下着のこすれからくる、かゆみ、痛み

オーガニックコットン100%&ふんどしから着想を得た通気性抜群のデザインの下着
Fundy-Fundy『フンディーフンディー』



デリケートゾーンのにおいを防ぐ対策として、ぜひ取り入れてみてください。

解説者:メノポーズカウンセラー 小林ひろみ